ソトコト編集部制作

ニホンの家は寒いです

岩前篤さん
1961年生まれ。住宅メーカー勤務を経て、2003年より近畿大学建築学部教授。現在、建築環境システム研究室にて、建築物内外の温熱・湿度・空気環境とエネルギーについて研究中です。

「ほとんどの人が、家の寒さを我慢していることに気付いていない」と語るのは近畿大学の岩前篤教授。 そして寒さが健康被害をもたらすと警鐘を鳴らします。

日本の住宅の問題点、それは室温の低さにある

「これまで日本の住宅は快適を追求してきました。一方で置いていかれたのが、家が健康に及ぼす影響、とくに冬の寒さと健康の相関関係についての研究です。残念ながら欧米より断熱の基準や法制度も遅れているのが実情です」と岩前篤先生。たとえば右図のように冬の間、日本の住宅の寝室の多くが10℃前後になっており、28~33℃に保たれた暖かな寝具から出るだけで20℃もの温度差を感じることになる。近年、こうした室内の急激な温度差、ヒートショックを原因とする疾病が取りざたされ、室内温度が注目されているが、先生は「急激な温度差はもちろんのこと、低い室温状態が長く続くことも問題なのです」と語る。この低温状態を先生は『緩慢なヒートショック状態』と位置付け、「これにより人体は徐々に体力を奪われてしまうのです。影響されるのは全世代ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。その影響とはどんなものなのか、下記で説明したい。

札幌から大阪まで、冬場の寝室の温度を測定したところ10℃前後が多いことがわかりました。これは就寝時には暖房を止めていることの表れ。深夜起きたときとのヒートショックを解消するためには、部屋の断熱性や暖房による対策が求められます。

上は仙台と緯度が近いイギリス・ロンドンとの温度と家の断熱性能の比較。気候は仙台の方が厳しいのにも関わらず、住宅の断熱性能はロンドンが高い。ちなみにイギリスの住宅の平均使用年数は141年。日本の26~30年に比べても5倍近く長く使用します。つまり住宅の新旧は関係ないのです。

室温が10℃程度とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の温度差を感じます。このヒートショックこそが健康の大きなリスク、注意が必要です。

室内の温度差がなく、室温はほぼ一定に保たれます。外気を取り込みやすい壁や床に近いところでも室温と体感温度に差がないのも特徴で、このため床に座っていても、冷えや寒さを伴わず、活動しやすいのです。

室内の温度差の開きが大きく、とくに居住空間では、もっとも暖かい層がテーブルの高さ辺りになり足元の冷えを強く感じることに。冷えを避けるため、椅子やソファの上に座るといった行動パターンが見られます。

暖かいことは肺を健全に保つことにも有益です

寒さの健康への影響は深刻です

冷たい空気は呼吸で肺を冷やす要因に

疾病のみならず、自宅で起こる事故の発生件数も冬期の方が高いと説明する岩前先生。
「2009年のWHO報告書でも、室内の寒さが健康に及ぼす影響を指摘していますし、イギリスではHHSRSという住宅における健康と安全の指針を独自に制定し、家の仕様を考えています。ただし、日本における最大の問題は、暮らしている人自身が“寒さは良くないもの”と認識していない点にあります」

なかでも先生は、“就寝時の室温”に注目しているという。
「海外では見られない日本人の習慣が、就寝時に暖房を止めてしまうこと。私は冷たい空気が肺にもたらす影響は大きいと考えています」

呼気温度が肺や内臓、身体を冷やし、身体のなかからの継続的な冷えが健康に深刻な影響をもたらすことは容易に想像できる。では室温でどのように健康は改善されるのだろう。

  • 居住者の健康や安全の観点から、住宅の居住者に対する危険性の度合いを示す。
  • 評価項目は「生理学的要件」「心理的要件」「感染症防止」「事故防止」の4グループ29カテゴリー。
  • 健康被害の評価はClassⅣ(ケガなどの障害を負う可能性)からClassⅠ(死にいたる危険性)に分けられる。
  • 欠陥が認められた場合、住宅改修、閉鎖、解体の強制命令、罰則が与えられる。

外気温と救急搬送の相関関係を示したもの。外気温の低下に伴い、救急搬送数が増加する傾向が見られる。

過去50年間の死亡者数の月別割合。過去50年間にわたり、つねに冬期の死亡率が高くなっています。

冬場のトイレや浴室などで感じる急激な温度変化により、血圧の急上昇が大きな負担となり心筋梗塞や脳卒中などの原因に。またそれらが転倒や浴室内での溺死という事故を引き起こす場合もあり、病気も事故も家のなかの温度差が関係していると考えられます。

暖かい家に暮らせば活動的になる。そんな人は健康です

暖かい家で暮らす価値 暖かい家に暮らして、持病が改善したというそんな驚きの調査結果があるという。ただし、暖かい家の効能はそれだけではないのだ。

暖かい家での暮らしが社会貢献につながる

岩前先生が実施したアンケート調査によれば、断熱性能の低い家から高い家に転居すると、当初持っていた疾病やアレルギーなどの多くが改善され、断熱性能の高い家ほど、その効果が顕著に表れるという結果を得た(右下のグラフ参照)。
「健康の改善が、すべて断熱性能に起因するとは限りませんが、住宅の断熱性能が居住者の健康状態と相関関係にあることは推測できます」。
そのための断熱は低温になることを防ぐことが大切と語る。
「暖かさを保った室内では冬の朝起きるのが苦痛ではなくなり、室内を移動することもおっくうではない。そんな変化が、気持ちと行動を活性化させ、毎日を楽しくするのです」。
つねに活動的であることは健康への第一歩、と先生。そして「健康な人が増えることは社会貢献」と結んだ。

断熱がもたらす変化と期待される効果

断熱によって、上記のような変化と効果が期待されている。
これらの調査結果も待ちたいところである。

高断熱化の健康改善効果

新築戸建て住宅(2002~08年に建築)に転居した家族が対象。
調査対象人数1万9164人。
2008年~2010年、3回に亘り、転居前と転居後の身体の状態についての変化を調査した。
継続的に発生していたのどの痛みやせき、気管支喘息といった症状に緩和が見られる。ほかにも肩こりの軽減、風邪を引きにくくなったといった声も。

※健康影響対象とした症状……せき、のどの痛み、肌のかゆみ、目のかゆみ、手足の冷え、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、関節炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、肺炎、脳血管疾患、心疾患、糖尿病、高血圧

※グレード3…新省エネ基準(平成4年基準)
グレード4…次世代省エネ基準(平成11年基準)
グレード5…北海道における次世代省エネ基準レベル

→ 資料請求はこちら